FC2ブログ

越前和紙の里・店長日記

嫁・主婦・母親・妻・店長。女って忙しいですよね。和紙の里で12代続くこの家に嫁いで、はや18年。和紙のことまだまだよくわかっていませんが、ここでの暮らしや、和紙のことなどご紹介していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代の和紙の紙漉きが始まりました

古代の和紙の原料は「カジ」だったって知っていますか??

今の和紙に使うのは、楮が一般的ですが、
古代は「カジ」だったそうで、
カジとヒメ楮あけあわせてできたのが、
今使っている楮なんだそうです。

昨日から越前和紙の里にあるパピルス館で、
古代の紙漉きが始まりました。

原料はもちろん「カジ」!!。 
このカジも越前で栽培されたもので、
表の黒い皮を取り除いたものです
h26-8-5-2.jpg

煮る液はにもこだわりがあります。
今はソーダ灰を使って煮る液を作りますが、
今回は木灰のあくを使って液を作るそうです。
h26-8-5-1.jpg
桶の中に、杉の青葉、もみ柄を交互に詰め、
木灰を入れるそうです。
沸騰した水を桶に入れ、出てきた黒いあく汁が
アルカリの液体になるそうです。
h26-8-5-3.jpg
ご覧のとおりPH14の強アルカリ溶液です。

この液を使って、カジを煮ています。
h26-8-5-4.jpg

道具は現代のものですが、製法は古代のまま!!

どんな紙ができるのか楽しみです!!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

(有)紙和匠

Author:(有)紙和匠
紙和匠店長の石川です。
越前和紙のお店をやってます。
ここでは和紙情報はもちろん、いろんな情報を発信していきます。
越前和紙販売サイトはコチラ
http://www.echizenwashi.net/

最近の記事

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。